2008年12月21日

○●お産へのこだわり その②●○

それいゆ、実は助産師を目指しておりました。

もともとお産に興味があったため、
看護学校時代も妊娠中も、
お産に関して、ちょっとですが勉強しました。


そのなかで、どうも
お産や妊娠期というのは、思っているよりも、
精神的で感覚的で、
その時期のこころやからだのあり方が、
産後の子育てや、子ども自身の健康にまで、
影響をおよぼすらしい、ということを知りました。


学生時代の経験や、学んだ知識、
そして、映画『地球交響曲』のお産のシーンを観て、
明日香医院で産みたい、と強く思い、
思い通りのお産ができたのでした。


息子を産んだ明日香医院には、
陣痛室と分娩室の区別はなく、
『お産の部屋』と呼ばれる、
フローリングのお部屋でお産します。

分娩台はなく、おふとんと大きなクッションがいくつかあって、
自分の好きな体位で、陣痛の痛みをしのぐことができます。


陣痛がはじまると、助産師さんがつきっきりでお世話してくれます。

夫が立会いしていたとしても、
助産師さんがきちんと寄り添い、
お産の進行を確認しながら、ケアをしてくれます。

朝から何も食べてなかった主人のために、
おにぎりを用意してくださったり、ということもありました。

陣痛が、なかなか強くならなかったとき、
好みのアロマオイルを選んで、お風呂にいれてくれたりもしました。

モニターも、必要なとき以外つけることはありません。


会陰切開とよばれる赤ちゃんの出口の部分を切ることは、
ほとんどないようです。

陣痛より破水が先に起きても、
ギリギリまで分娩誘発剤を使うこともないそうです。

あかちゃんがなかなか出てこない場合、
クリステル胎児圧出法というお腹を押して出すことや、
吸引機であかちゃんを出したり、
鉗子と呼ばれる器具で、取り出すこともあります。
明日香医院では、クリステル法は行わないし、
吸引機による娩出も、ほとんどないそうです。


『分娩台よさようなら』という本があります。

”自然なお産”とは、
いいお産をむかえるための話、
おっぱいのことなど、わかりやすく書かれています。

とてもおすすめです。

      




同じカテゴリー(妊娠すくすく日記)の記事画像
お祝いコメント、ありがとうございました☆
産まれました♪
出産祝い・・・?
楽しい時間♪
ひとりたび♪
なまえのこと。
同じカテゴリー(妊娠すくすく日記)の記事
 お祝いコメント、ありがとうございました☆ (2009-08-15 12:28)
 産まれました♪ (2009-08-12 11:50)
 日々はおだやかにすぎゆき・・・? (2009-07-24 12:23)
 まだ産まれておりません♪ (2009-07-15 11:17)
 出産祝い・・・? (2009-07-02 10:45)
 楽しい時間♪ (2009-06-26 12:03)

この日記へのコメント
私も、陣痛の進みが速く、生まれる3分前に先生が来たので、今回会陰切開しなくてすみました(^^)
裂けることもなかったみたいで、次回も会陰切開しないで産みたいけどなかなかないですよねぇ~
Posted by panda★mitt at 2008年12月21日 18:01
☆panda★mittさん☆
 すごくよかったですね☆
 初産婦さんの多くは、切られるようですものね。。。
 大大安産だったのですね☆☆☆
Posted by それいゆそれいゆ at 2008年12月23日 12:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。