2008年12月17日

親友からのプレゼント

東京に住む親友から、クリスマスプレゼントが届きました。


   


彼女の4歳の息子は、シュタイナーの幼稚園に通っています。

まいにち、こんなやわらかでほんわかした遊具で、
遊んでいるのかな。

この人形のオーナメントと、フェルトの箱を手にしたとき、
こういうものに囲まれて育った子は、
感性がやわらかく、育つのだろうなぁ、と感じました。


シュタイナー教育では、
「7歳までは夢のなか」にいるように育む、という考えがあるそうです。

それいゆ的には、好ましい考え方です。


プレゼントに同封されたカードには、
彼女の子どもが通う園の、園長先生のことばがありました。


  クリスマスのお祝いは、キリスト教だけでなく、
  夜が一番長いこの季節、闇が支配しているようだけど、
  実は地球の内部は、ちからに溢れ、
  一番光が美しい時期、
  その光のお祝いでもある。



のだそうです。

我が家や、とくにキリスト教ではないけれど、
こんな気持ちで、クリスマスを迎えるのも、
ちょっといいな、と思いましたicon12



同じカテゴリー(ahaha-family diary)の記事画像
滝桜
プレゼント。
ちゅ、、、ちゅかれたぁ。。。
アルツ磐梯スキー場
和餐にて
そりすべり♪
同じカテゴリー(ahaha-family diary)の記事
 滝桜 (2011-04-24 22:43)
 プレゼント。 (2011-03-06 23:52)
 ちゅ、、、ちゅかれたぁ。。。 (2011-02-03 12:00)
 アルツ磐梯スキー場 (2011-01-28 12:43)
 和餐にて (2011-01-16 17:16)
 そりすべり♪ (2011-01-03 00:22)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。