2010年05月21日

メンタ湿布


生後4ヶ月のときに、ふんづまりさんになった次男・心ちゃん。

その後も、2~3日にいちどの排便でしたが、
3月にはいって、5日間でなかったこともあり、
それから、便秘にならないよう、あの手この手をしています。


以前の日記に書いた腰湯も、
下半身の冷えには効果もあるようだし、
お風呂大好きのぼうやには、よい遊びにもなっています。


その後、ふって思い出したのが、”メンタ湿布”。


病院にお勤めしていたとき、
がんこな便秘の患者さんに、ときどきやっていたものでした。



どんなものかというと。


熱~いお湯に、ハッカ油をいれて、蒸しタオルをつくり、
お腹にあて、そのうえに、ビニール袋と、
もう1枚、乾いたタオルをのせて、
蒸しタオルが、すぐに冷めないようにします。


あとは、蒸しタオルが冷めるまで、そのままで。


その間、お腹をのの字マッサージしたり。

あかんぼの足と、押し合いっこしたり。

股関節の体操を、「お~船がぎっちらごっちら♪」したり。

土踏まずの腸のつぼを押したり。


もう、ありとあらゆる、便秘によさそうなことを
やっていますface02








それいゆが使っているハッカ油は、
北見のハッカ油。
よく、デパートの北海道展に出展しているやつ。

ハッカ油は、ドラッグストアの医療品売り場にも、売っています。



このメンタ湿布、なんだかいいみたいで、
それまで2週間ぐらい続いていた座薬ですが、
いまのところ、使わずにすんでいます。


気候も、あったかくなったこともあるのかもしれないし、
そのほかに、いろいろやっていることも、
相乗しているのかもしれません。


腰湯よりも、準備もお片付けも楽チンなので、
それいゆ的にも、うれしいかぎり。

まだしばらくは、メンタ湿布、続きそうです温泉





  


Posted by それいゆ at 10:58Comments(2)ahaha-family diary