2009年02月06日

かぎ針ケース

つわり中、いえいえその以前から構想だけはできていた、
かぎ編みに使うかぎ針を入れておく、『かぎ針ケース』

ようやくかたちになりましたicon12

自分がほしくて作ったものですが、
自分で言うのもなんだけど、使い勝手がいい♪


 icon01かぎ針ケース(小) 

   

   かぎ針が9本はいります。


 icon01かぎ針ケース(大)

   

   かぎ針9本+ピンセット1本+はさみ+毛糸とじ針
   などがはいります。


柄は2種類あります。

  

   いぬベージュのナチュラルチェック柄
   さる森のなかまたち柄


 針を入れたら、ぐるぐるっと巻いて、紐をぐるぐる巻いてとじます。
 紐は、綿スムース素材のバイアスで作ってあるので、
 伸縮性があるので、とっても巻きやすいですface02
  


Posted by それいゆ at 11:47Comments(0)こもの

2009年02月05日

課題だなぁ~~~

いま、新作の写真を撮っておりますカメラ

ん~、これからお店に載せる写真も撮り始めるんだけど、
なかなかうまくいきませんicon15

写真を撮るには、もちろん腕も必要でしょうが、
なによりも、やっぱり、センスicon12ですよねぇ~~~

構図や光のあて具合や、いろいろ。

いろいろな方のブログやHPを見ていると、
と~っても素敵な写真がいっぱいicon12


カメラは、いいやつなんですよ~

   


カメラ小僧あははの物があるので、
やっぱセンスが必要になるのだ!!

写真、いまのわたしの課題ですface07

よいアイディアや、写真を撮るのが好きな方、
ぜひ我が家に、一緒に撮影に来てくださ~~~~~いカメラ  
タグ :写真カメラ


Posted by それいゆ at 14:55Comments(0)それいゆるゆる

2009年02月05日

がっちゃ~ん!

子宮下垂のため、お台所仕事は椅子に座りながらやってますicon28

でもー、これがなんともやりずらい。

椅子が低いってこともあるんだけど、
なんとも身動きとりずらいface03

まあ、慣れるしかないんだけど、
洗い物を拭いてたら、手がすべって急須をがっちゃ~んface08
急須と、それがあたったティーポットが破損face07

あーーー、たまに(しょっちゅう?)手がすべって
お皿やなんやら割ってしまうそれいゆですが、
大事な急須にポット・・・

お茶の時間をとても大事にするわたしとしては、
ちょっとがーーーーーーん。


でも、家のなかの何かが壊れるときって、
誰かの身代りになるって話、聞いたことありません?

それいゆ、けっこうそれを信じていて、
(というか、それを言い訳に自分で自分を許してたりしてface02
今回も、きっと家族の誰かの災難の身代りだ~~~
ということにいたしました!!

きゅうすは、持ち手がとれちゃっただけだからなおせるとして、
ポットはガラスが割れたので、さようなら。。。

お二人に、とっても感謝をして、
後片付けにいそしんだのでしたicon10  
タグ :家事


Posted by それいゆ at 10:57Comments(6)それいゆるゆる

2009年02月04日

20世紀少年

今日は午前中、源の保育園で、
2月生まれの子のお誕生会でしたicon27

親もお弁当を持って参加☆
園の子どもたち先生たちが、生まれてきたことを、
そして産んだことを祝ってくれた、
とても素敵な会でしたicon12



さてさて、それいゆ、いまさらですが、
マンガ『20世紀少年』にはまっております。


   



いま、映画で第2章やってるのかな。


弟から全巻送ってもらって、
まずは一気にひととおり読んでみました。

24巻もあって長いから、
もう一度読み返してみないと、よくわからない部分もあって・・・
(読解力がないのかしら?)


でも、なんかシュールで子どもじみてて、
ありきたりのようで、ありえない話、
という感じ。
でも想像力とかかきたてられて、好き☆


でもなんていうんだろう、子どものときに植えつけられた
劣等感とか、疎外感っていうのは、
大人になっても、ひきずってしまうのかなあ、
いやいや、そういうものが、人格を
良い方へも悪い方へも、作ってしまうのかなぁ、
としみじみしながら読んだのでした。


今夜また、1巻から読み返してみよ~っと思ってる、
それいゆです。


誰か読んだことのある人いたら、
感想きかせてね~コーヒー  
タグ :20世紀少年


Posted by それいゆ at 14:40Comments(0)ひだまり文庫

2009年02月03日

シキュウカスイ

『シキュウカスイ』

至急加水ではなく、
子宮が下垂してしまったそれいゆです。


ことの予兆は、先週。
なにやら出血がちびーーーっとあったんだけど、
痛みもないし、それ以降でなかったので、
あまり気にしてはいなかったのですが、
ゆうべ、おトイレにいったら、
なんとなーーーく、違和感が・・・・


  ・・・以下、もしかしたらきわどい内容なので
      読める人のみでお願いします・・・


お股に手をあてがってみると、なんだかもっこり。

もしか・・・と思い、
鏡をあてがってみたら、
赤ちゃんの出てくるあたりから、
ぽこっと赤みをおびたものが、チラホラ見え隠れ。


「子宮がおりてきた~face08



普段は、あわてんぼうでてんやわんやのそれいゆですが、
こういう時は、以外に冷静になるようで、
とにかく、出てきそうなものを戻し、
どうするべきか畳に正座して考えました。

時間は夜の7時。
近くの産婦人科に行くにも、もうやってない。

お腹に痛みなどはないし、
とにかく、かかりつけの明日香医院に電話しました。

診察時間はとっくにすぎていたけれど、
なじみの助産師さんのほか、先生も近くにいてくれたので、
状況を話し、どうすべきか対処方法を聞き、
翌日、診察に行くことになりました。


で、いま東京から帰ってきたところですicon18


結論からいえば、母子ともに元気で~すface02


経産婦さんに、時々こういう人がいるそうで。
わたしみたいな体系体質の人が、たまになるそうです。

前回のお産でのびた靭帯の、回復がわるいらしく、
脂肪とかもないものだから、
大きくなってきた子宮を支えきれず、
子宮が下がってきてしまったようで。


でも、先生が思ったよりも下がりが軽度のようで、
日常生活で気をつけていくことと、
底部の筋力運動をするということで、すみました。

1か月ぶりにみたエコーでは、あーちゃんは右手をぶんぶん振って、
まるで、

 「あたしは元気だよ~」

と言ってるようでした。

子宮下垂になったとき、
こころに不安感というか、ざわつきがなかったので、
あかんぼうの方は大丈夫だろうとは思っていましたが、
実際に元気な様子が見れて、ほっと一安心☆


とにかく、安静にする必要はないけれど、
重いものをもったり(子どもを抱いて立つのは×)、
立ち仕事・立ちっぱなしは×、ということで、
腹圧をかけない生活を、しばらく続けることになりました。

うーーん。
妊娠も二人目ともなると、ついついお腹を忘れて、
力仕事したりしてしまったおりました。
あーぼう、ごめんよぉicon11

ちょっとその辺を気をつけて、
家事育児は、まわりに手伝ってもらって
わたしはのんびり、手仕事しよ~って思いますicon15


子宮が下がって出てきそうになるって、
とんでもないような感じがしますが、
いがいに大丈夫そうです☆

これを読んで、驚かれ心配させてしまったらゴメンナサイ☆


   
    ☆棒のような腕をぶんぶん振ってるところ☆


今夜のお夕飯は、東京駅ナカで、
「浅草 今半」のすきやき弁当を買ってきましたicon12
好きなんです、今半。
そんなにしょっちゅうは行けないお店だけど、
駅ナカに出店してるなんて、ちょっとうれしい♪

そんなこんなで、家事も手抜きしながら、
しばらくやりすごそ~って腹をくくった、それいゆでございましたface02  


Posted by それいゆ at 16:39Comments(4)妊娠すくすく日記

2009年02月02日

雪の大内宿&ブリティッシュ

今月から、我が家のだんなさん日曜日がお休みになりましたface02
こっちに越してきてから、休みは平日だったので、
なんとなくさみしかったけど、
これからは毎週、家族ですごせてうれしいな♪


源のお風邪もよくなったので、久しぶりにドライブ車icon17
雪の江戸情緒を味わいたく、
野を越え山を越え、宿場町『大内宿(おおうちじゅく)』に行ってきました。

  

    
少し雪もふりはじめ、さむかったけど、
思ったよりも積もってなかったicon04

なんせ、想像していたのは、立山黒部のあの雪壁でしたから~


源も、最初は楽しんで雪道をあるってました♪

      


寒風が吹いたら泣いたけどface07



そのあとは、ブリティッシュにお立ちよりicon28


アスコット・ティールームでお茶しようと思って行ったのですが、
クラフトハウスの改装工事中で、
ティールームは、メインの建物であるマナーハウスのなかで
営業していました。

マナーハウスのなかでお茶できるなんて、
なかなかない機会なので、ちょっとラッキーicon12

ハウスのなかにあるライブラリーを、
ティールームとして開放していたんだけど、
この部屋は、ウェディングのときは親族の
控え室にしたんだったなぁ、となつかしい気分でした。

両家の親族が一緒の控え室にしちゃったんだけど、
ひろくて豪華な室内で、家族たちの気分も盛り上がってたようでしたicon06

   


源も、ケーキとりんごジュースでご満悦icon06

   


榮倉奈々にはやっぱり会えなかったけど、
のんびり過ごせて満喫できた、冬のブリティッシュ・ヒルズでしたface02


今度こそ、泊まるぞー


    

      


Posted by それいゆ at 11:50Comments(2)bon voyage